このページの先頭です

何を基準に婚活サイトを選べば良い?婚活サイトの種類と注意点

350views

投稿日:

婚活サイトの種類とは

ネット婚活を行う際には、婚活サイトを利用するという人が多いでしょう。しかし初めて利用するという人は、婚活サイトにも種類があるということを知っておく必要があります。なぜなら、これを知らないで登録し、お金を支払ってしまうと、無駄なお金を支払ってしまうことになるからです。

さらに、このような時間の無駄は、せっかく出会えたはずのチャンスをも失ってしまうことになります。そのため、ネット婚活を行う人は、実際にサイトに登録する前に正しい知識を持っておく必要があるのです。

結婚相談所タイプの婚活サイト

婚活サイトには大きく分けて、3つの種類があり、結婚相談所タイプの婚活サイトはその1つです。多くの人がイメージする結婚相談所と、ほとんど同じようなシステムで、アドバイザーが存在し、その人が仲介人となって、様々な手伝いをしてくれます。

結婚相談所タイプの婚活サイトは、身分証明書の提示など、確認が厳しいこともあり、相手の身分が嘘偽りのない、確実なものだということが利点です。業者や遊び半分の人が紛れ込むことが少なく、安心してネット婚活を行うことができます。ただし、少し料金が高いのがネックです。

サイト特化タイプの婚活サイト

サイト特化タイプの婚活サイトは、婚活サイトに登録を行い、自分で相手のプロフィールを見ながら、メールを送り、婚活を行うというタイプの婚活サイトです。婚活サイトとして一番知られているのが、サイト特化タイプの婚活サイトで、近年、利用者が急増しています。

そのような事情もあり、女性会員も多く登録されているため、相手を探しやすく、料金としても結婚相談所タイプのものに比べれば安いため、オススメの婚活サイトです。ただし、結婚相談所タイプと比較すると、登録者の本気度は低くなります。

お金を支払っているため、それなりのモチベーションを多くの人が持ってはいるのですが、結婚相談所タイプの婚活サイトほどではないというのが現状です。

パーティータイプの婚活サイト

パーティータイプの婚活サイトは、男女が数十人集まり、そこで相手を見つけるという婚活サイトです。登録にはお金はかかりませんが、実際にパーティーに参加すると、参加費という形でお金を支払うことになります。パーティータイプの婚活は、その日になんとか相手を見つけたいという人が多く参加しているため、参加者のモチベーションも高いです。

参加したらお金を支払うというシステムなので、活動できない月にお金が発生しないというのもメリットと言えるでしょう。ただし、他の婚活サイトと比較すると、遊び半分で登録している人や、業者などが紛れ込みやすいというデメリットがあります。

婚活サイトの選び方

3種類の婚活サイトを紹介してきましたが、選び方としては基本的には自分に見合ったものを選ぶと良いです。お金に余裕があり、誰かのフォローが欲しいという人は結婚相談所タイプを、自分で相手を探し、プロフィールに自信のある人はサイト特化タイプを、実際に会って会話することを求め、自分の容姿に自信があるという人はパーティータイプを、というように、それぞれに適した婚活サイトが存在します。

逆に自分に見合っていない婚活サイトで登録してしまうと、いつまで経っても相手が見つからないこともあるため、まずは自分の特性を知り、それに見合った婚活サイトに登録することが大切です。

怪しいサイトに注意を

ネット上には優良な婚活サイトも多いですが、なかには悪質な婚活サイトも存在します。サクラが多く存在するようなサイトです。このようなサイトに登録すると、相手を見つけることはできませんし、お金だけを失ってしまうことになります。有名な企業が提供しているサイトであれば、安心ですので、会社名で優良サイトか悪質なサイトかを見極めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です